保管のしやすさ

エステティシャン

色あせない工夫

映画の広告などフライヤー印刷を行って配布をする、ということもあります。映画の広告であればずっと保管をする人もいるでしょう。保管状態にも影響を受けますが、基本的には劣化をしないようなフライヤー印刷を行っているので、保管もしやすいというメリットがあります。また紙質もよいので、折れにくいということがあります。フライヤー印刷を行う際には丈夫で劣化しにくいということも考える必要があります。フライヤー印刷は専門業者に発注をしたほうが好ましいです。大量の発注でも対応をしてくれますし、大量発注であれば1枚当たりのコストを下げることも可能です。基本的にフライヤーは無料配布をされるものなので、フライヤー印刷をする際にはコストを抑えたいと考えるのが一般的です。販売をしているわけではないので、コストを下げつつもよりよいものを作りたいと考えることが多いでしょう。映画会社がフライヤー印刷を専門業者に依頼をするということもあります。どこの映画館でも同じものを配布できるように、デザインもより分かりやすくする必要がありますし、全国展開をしているシネコンの場合にはかなりの枚数を発注しなければいけなくなります。また作品の話題作りにもつながる可能性があります。中には公開までの間にフライヤーのデザインを変更する、という作品もあります。コンプリートをしたいと考える人もいるので大量に印刷してくれる業者に対応をしてもらう必要があります。