コストを抑える戦略

照射

フライヤーのコストを削減するには

フライヤー印刷を業者に依頼する方法が注目されている理由として代表的なのが、フライヤー印刷に関わるコストを削減できるからです。業者に原稿を提出するだけで必要部数を期日までに届けてもらえる仕組みになっているのが特徴で、社内でフライヤーを印刷できる体制を整える必要がありません。大量の印刷を長時間かけて行うことになるため、他の業務に支障を与えない程度の数は印刷機を用意しなければならないでしょう。数千枚や数万枚という単位での印刷になるのが通例で、用紙やトナーも十分に保管しておけるスペースを確保することも必須です。さらにフライヤー印刷をするときには人材も割くことになりますが、最大の問題はこのような設備、備品、人材の投資をしても常に使い続けるわけではないということです。フライヤーは毎日配るというケースは少なく、セールをしたいときなどにまとめて印刷して配る形になります。そのため、フライヤー印刷をしない時期は無駄になってしまう設備などが発生し、余計なコストをかけていることになるのです。フライヤー印刷を外部の業者に依頼してしまえば発注するごとにコストはかかりますが、単価も安くなってきているのでトータルでは費用を抑えられます。印刷機のリース期間が終わったり、オフィス移転をしたりするタイミングでフライヤー印刷を業者に依頼する形に切り替えてコスト削減に成功している事例も多くなり、注目を浴びるようになっている方法です。