使用する目的とは

エステシャン

チラシ印刷物の違いとは

印刷物にはさまざまな種類が存在しますが、フライヤー印刷もその1つです。フライヤー印刷のフライヤーとは、英語でflyer・flierなどと表記されます。戦争中に飛行機を利用して広告物を配っていたことから、飛行機から配布された広告物のことをフライヤーと呼ぶようになりました。現在では、チラシより一回り小さい印刷物をフライヤー印刷ということがあります。一般的にフライヤー印刷物は、A3からB7サイズまで様々な用紙で作られることが多いです。ところでフライヤー印刷物の使用用途は、広告やイベント告知などです。そして、読む人に手に取って自宅に持ち帰ってもらいたいと思わせることが、フライヤー印刷の大きなポイントです。そのため、あまり大きいサイズと持ち帰るのに不便であることから、比較的小さな用紙サイズが選ばれる傾向です。また配布方法もチラシ印刷のように街頭で配るというよりも、店頭に置いて興味を持った人に持ち帰ってもらうスタイルをとることが多いです。そのため、多くの人の目を惹かせるように、高級感を意識して作成する必要があります。使用する用紙もチラシ印刷物よりも、厚めで上質なものを選択する傾向です。フライヤー印刷では色々な人に読んでもらうために、まずイメージを植え付ける必要があります。そのため、写真や画像を効果的に配置させ、目につく印刷物に仕上げることが肝心です。このように、フライヤー印刷はチラシ印刷とは作る方向性が異なるため、戦略を明確に打ち出すと効果的なツールが作成できるのです。